COREDRIVE の主な特徴

見たままやりとりすることを
実現するプレビュー

COREDRIVEは、260 種類以上のファイル形式のプレビューをサポートしています。 現在、世界一の対応数です。

COREDRIVEにログインさえすれば、Windows/Mac の環境の違いを気にせずに、 ファイルの内容をブラウザ上で見たままやりとりができます。 また、iPhone/iPad アプリを使えば、通常、 iPhone/iPad 上で表示が出来ないファイルも、すぐにその場で確認できます。

サポートされているファイル形式は、仕事で必要な Word、Excel、PowerPoint はもちろんの事、 クリエイター必携の Photoshop、Illustrator、InDesign 等の専用ソフト、 写真の現像素材になる RAW 画像データ、医療現場で利用される画像形式の DICOM、 Mac用ソフトの Pages、Numbers、Keynote、Garageband、Pixcelmator、Omni 系のソフト等、 実に多種多様です。 また、アドバンスドプレビューを利用すると、 サポートされている動画、音声ファイルが、ダウンロードせずにその場で再生されます。

COREDRIVE のプレビュー機能は、今まで煩わしかった専用ソフトの準備の手間を無くし、 相手の環境を心配する必要なく安心して共有することを実現しています。

簡単で安全なやりとりの
土台を提供するボード

COREDRIVEは「ボード」という共有の場所を作って、ファイルを簡単かつ安全に共有します。

ボードにメンバーを招待すると、そのボードに何かファイルがアップロードされたり、 コメントがつけられたときに、メンバー全員に自動的に通知されます。 ボードは、COREDRIVE ユーザでない人にも公開したり、 ファイル単位で公開する期限やパスワードを設定することもできるので、 プライベートでの共有だけでなく、ボードのURLを知らせ、 不特定多数の人にファイルを配布、公開するという幅広い使い方ができます。

また、ボード間でファイルをコピーしたり、移動、削除は自由自在にできるので、 とても快適で便利です。 さらに、ファイル単位で迅速に進捗を確認できるように、 ボードのメンバーとの自由なやりとりの為に、コメントやスタンプが用意されています。 COREDRIVE のボード機能は、ファイル管理の複雑さから解放し、 直感的で安全なやりとりの舞台を提供しています。